Home » news » 恋する春

恋する春カジュアルバーVogue

category : news 2016.2.23

「観ている人間は、ひとりだ。観客が千人いようと、ひとりだ。千人の観客は、そのひとりが千並んでいる、ということだと思うな。わかりにくい言い方で、すまん。千人に芝居を観せるんじゃなく、ひとりに観せる。表現というのは、そんなもんだ、という気がする」

「そうでしょうか?」

「千人いれば、千通りの孤独がある。それが、おまえの孤独と感応したくて待っている。そんなもんじゃないのか?」

こんにちは。

直美です( ´ ▽ ` )ノ

お忙しい中日曜日の洋酒博覧会に足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。無事盛況に終わる事が出来ました。13時半から行われたフレッシュカクテルコンペティションの結果ですが、昨日美咲ちゃんが載せて下さっている通り、準優勝をいただきました。

コンペティション自体初出場で、まさか2位をいただけるとは思っていなくて、本当に嬉しくて、舞い上がってしまいました(//∇//)

観戦して下さった皆様、カクテルを飲んで下さった皆様、陰ながら応援して下さった皆様、(とりあえず直美に投票してやるか、と思われた皆様(笑))

本当に本当に、

ありがとうございました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

この結果は皆様のお力添えのお陰です(*゚▽゚*)*:.。. .。.:*

(母の様な慈愛の目で見守って下さった秀美さん。会うたびさりげなく激励下さった由希子さん。この様な素晴らしい機会を与えて下さった篤子さん。推薦してくれたいっちゃん。一緒に出場した梅ちゃん。暖かい声援と力強いバックアップで激励してくれたチーフ。一緒に練習で悩んだり喜んだりと、苦楽を共にしてくれたひかるちゃん、元気いっぱいの笑顔でプレッシャーを吹き飛ばしてくれた美咲ちゃん、陰ながら応援して下さった豊子さん、忙しい中駆け付けてくれた楊ちゃん……本当にありがとうございました‼︎)

まだまだ、書ききれない位、いろんな方のお顔が浮かんできます。

本当に本当に、ありがとうございました。

冒頭のセリフは、

私がヴォーグに入社して、9ヶ月程経った時に、お客様からいただいた御本から引用しました。主人公が絵描きで、飲食店もしているという、面白い設定で、当時から自分の生き方に重なり、頁を開くたび感激したのを覚えています。特に第五章の378頁は私の一番好きな場面で、その数行を載せています。

コンペティション中は、全くうまくやろうとか思っていなくて、シェイカーを持った瞬間に、カウンターに座るお客様おひとりおひとりの事が思い起こされました。

こうして、みて下さっている「あなた」。

いつも支えて下さり、どうもありがとうございます。

この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

カクテル作りが楽しくて楽しくて仕方ない、酒好きなだけの私に、

好きな事をさせていただき、

応援までしていただきまして、

直美は、幸せ者だなぁと思います♡♡

頑張ってね、とお声かけ下さるのが、嬉しくて嬉しくて。

本当にありがとうございます。

目の前の人を大切に、日々精進して参りたいと存じますので、今後ともどうか見捨てないで下さい(笑)

コンペティションでお出ししたオリジナルカクテルを飲みたいという方も、是非愛情込めてお作りしますので、気軽にお申し付け下さい(o^^o)

image

コメントフォーム

 
Copyright(c) 2016 カジュアルバーVogue All Rights Reserved.