Home » news » スプリングバンク続き

スプリングバンク続きカジュアルバーVogue

category : news 2010.10.15
101015_2009~01.jpg

スプリングバンクの
香りは
甘くかぐわしい。
栓を抜いて
グラスにそそぐと
甘い香りが
部屋いっぱいに
満ちていく。
そして舌にのせると
とろりとして
シルクのように
なめらかに
広がっていく。

蒸留所は
スコットランドの
西側に
突き出た
キンタイア半島の
先端の町
キャンベルタウンにある。
かつては30ほどの
蒸留所がひしめいていた地だが
閉鎖が相次ぎ
現在ではたった
二つ残るだけだ。

衰退の原因は
なんと20世紀初頭の
アメリカの禁酒法に
あったという。
禁止されれば
飲みたくなるのが人の常。
キャンベルタウンは
場所柄
アメリカに輸出しやすいため
目先の儲けだけを求めて
粗悪な品を
大量に送り込んだ。
その結果
キャンベルタウン・モルトの
評判が がた落ちになり
どんどん閉鎖に
追い込まれたというのだ。

そのなかで
スプリングバンクが
生き残ってきたのは
苦しい経営のなかでも
こだわりを
決して捨てなかったからだ。
いまだに麦芽づくりから
瓶詰めまで
一貫して
行っているのが
その証拠だろう。

━レモンハートょり━

お酒に歴史あり
(。・ω・。)

二つて書いてありますが
今現在は

3つに

なってます(*^o^*)

コメントは2件です

  1. でかぷり夫 より:

    スモールライトで小さくなってボトルたちと一緒に並びたいでござる!!ヽ(・_ .)ノ

  2. 佳代 より:

    でかぷりおさん

    私は

    ボトルに入りたい笑゛

コメントフォーム

 
Copyright(c) 2010 カジュアルバーVogue All Rights Reserved.